毎週水曜日のEテレ『シャキーン!』は「謎新聞ミライタイムズ」のコーナーがある日です。

 

 

www.nhk.or.jp

 

このコーナーは要はクイズ、なぞなぞのコーナーです。

ある小学校の新聞部の部長トキオくんと、副部長キョウコちゃんが毎週、壁新聞トキワタイムズ(と言っているでしょうか)を発行しています。そんな壁新聞が毎週のように「The Mirai Times ミライタイムズ」という謎の新聞に張り替えられてしまいます。シルクハットマン(?)が発行している、そのミライタイムズは近い未来に振りかかる恐ろしい出来事が書いてあるそうです。

トキオくんとキョウコちゃんが、学校の平和を守るため、ミライタイムズに書かれている謎を解決する、というもの。

 

今日2015年8月5日水曜日のミライタイムズは過去の再放送回でした。2つのミライタイムズが放送されています。一つは「#0001 怪奇! 全国のリコーダー穴が無くなる!」というコーナー第1回の記事で、もう一つは「#0004 身体測定の数値 デタラメ表記!!」という第4回の記事です。

 

 

 

#0001 怪奇! 全国のリコーダー穴が無くなる!

音が一つも出ない!
全国の小学校でリコーダーの穴がふさがるという恐ろしい事件が続発している。ふさがっているのは、トーンホールと呼ばれる穴にとどまらず、エッジ部分や吹き口にまでおよんでいるという。原因が未だ不明。その影響で、音楽のテストを見送る小学校が後をたたない。

吹きすぎて酸欠に
捜査関係者によると、穴がふさがっていく瞬間を目撃した人はおらず、辺りには変わった様子もなかったという。穴のなくなったリコーダーは金属の棒のようになり、息を吹き込むことを試みて酸欠状態になる児童も出ている。さらに児童の中には、穴のないリコーダーで机をたたいたりして騒音を出している者もいる。

 

今回の暗号の図も文字に起こしづらいので書けません。画面に「ミ」「ソ」「ス」「タ」「レ」「カ」「シ」「ソ」「ネ」「ラ」「ト」「ド」「ッ」のカタカナがランダムに並び、カタカナの下には五本の線が書き込まれている、というものです。下に貼ったリンクにミライタイムズの新聞がありますので、詳しくはそちらをご覧になってください。

 

シャキーン! 謎新聞ミライタイムズ - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

 

トキオくんからのヒントは「五本の線、五本線」「手がかりは学校の中にある。ご本線の意味が分かれば、カタカナが何を表しているのか、導き出せるんだ。このネタすっぱ抜きだぜ!」です。

再放送なので今日の放送内に解答編も流れていましたし、上記のミライタイムズのページに答えが書いてあります。

答えは「カスタネット」です。

学校にある五本の線、これは音楽室などにある五線譜です。音符が何も書き込まれていないただの五線譜……ということで書き込まれたカタカナから、ドレミファソラシドの文字を消していきます。すると残った文字を並べると「カスタネット」になります。

 

 

#0004 身体測定の数値 デタラメ表記!!

 

身長計・体重計にい変化!?
小学校の身体測定において、身長計および体重計にデタラメな数値が表示されるという事件が発生。児童たちの正確な成長記録が得られず、教員たちは一様に頭を抱えている。関係者によると、身体測定の記録表に記入された数値は最大で三けたの違いがみられるという。

記録書き換えの説も
正しく計測ができないこの現象の原因はいまだ不明。「身長計・体重計にくるいが生じたのではないか」と推測する教員がいる一方、「身体測定当日、記録は正しく記入した」という教員もいるという。そのため、記録が書き換えられた可能性もあるとみて、捜査員らは慎重に調べを進めている。

 

今回の暗号は計算式・暗号式です。

 

2 + 8 = 2

1 + 7 = 0

6 + 3 = 1

8 + 0 = ?

 

下に貼ったリンクにミライタイムズの新聞がありますので、詳しくはそちらをご覧になってください。

 

シャキーン! 謎新聞ミライタイムズ - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

 

トキオくんからのヒントは「一見間違ったように見えるあの計算式には別の意味があったんだ」「五本の線、五本線」「さあ皆は分かったかな? 穴が空くほど暗号式を観察してみてくれ」です。

再放送なので今日の放送内に解答編も流れていましたし、上記のミライタイムズのページに答えが書いてあります。

答えは「3」です。

計算式の中にある丸 (○) の数を数えると答えになります。一番上の 2 + 8 は、8の中に○が2つあるので答えは2、上から二番目の 1 + 7 は中に○が一つもないので答えは0です。一番下の式は 8 + 0 なので○が3つありますから、答えは「3」になります。

 

 

おわりに

今回は過去の再放送回だったので解答も書いてしまっています。実は放送当時、第1回のカタカナの謎が分からなかったです……あれは難しく感じられました。今考えるとそれほど難しくなかったのですが、当時の私は脳みその袋小路にハマってしまいました。第4回の謎は比較的すんなりできた記憶があります。

なぞなぞは、思考の柔軟性というか、なぞなぞ用の思考回路が出来上がると、解きやすくなる印象があります。このミライタイムズも、最初は苦戦しましたけど、慣れてくると答えに導きやすくなってきた気がしています。

夏休み中はシルクハット団もお休みしているみたいですね。新作は新学期の9月からでしょうか。

 

dysdis.hatenablog.com

  

なぞなぞ大冒険2000問!―おもしろビックリ!

なぞなぞ大冒険2000問!―おもしろビックリ!

  • 作者: 平目きらり
  • 出版社/メーカー: 西東社
  • 発売日: 2010/06
  • メディア: 単行本
  • クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る